読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずめも

私による私のためのメモ的なブログです。主に勉強した事について書いてます。

git pullをもっと楽に

前に書いた記事ですが
かなり前に書いた記事でレイアウト崩れてたので書き直した


git pullするときに
$git pull origin masterって感じでリモートとブランチを書きますよね?

書かなければこんな感じでエラーが出ます

$git pull
There is no tracking information for the current branch.
Please specify which branch you want to merge with.
See git-pull(1) for details

git pull <remote> <branch>

If you wish to set tracking information for this branch you can do so with:
git branch --set-upstream-to=origin/<branch> hoge

これはブランチのデフォルトの参照先が設定されていないのでエラーになります
デフォルトの参照先を設定してやればgit pullだけで、そのブランチのリモートから更新を取得できます

設定方法

設定方法は2種類あります

デフォルトリモートブランチ設定

#書式 : git branch --set-upstream-to=origin/リモートブランチ名 ローカルブランチ名
git branch --set-upstream-to=origin/rhoge lhoge

#書式 : git push -u リモート名
git push -u origin rhoge

どちらもrhogeにデフォルトの参照を設定しています。

1つ目の方法はちょっと長いですが
現在のブランチとは別のブランチの設定を変更できるというメリットがあります

2つ目の方法は現在のブランチしか設定できませんがかなり楽ちんです

設定の確認方法

#デフォルト参照先の情報が表示されます
$git branch -vv